東京オリンピックチケットの抽選申し込み傾向と対策は!?

東京オリンピック2020

東京オリンピック 第2次抽選申込が、本日11月13日から開始されました。そこで、第1次抽選結果などの傾向がオリンピック組織委員会の公式サイトで「第1次抽選販売の申込傾向」が公開されていますので、参照しながら申し込みの傾向を知りたくありませんか?そこで、傾向と申し込みする際のポイントについて記事にしてみました。

スポンサーリンク

東京オリンピックチケット第2次抽選申し込みは?

東京2020公式サイト

抽選申し込み受付期間:2019年11月13日~11月26日午前11時59分

  • 東京オリンピックに関する全体チケットの総数:約780万枚
  • 第1次抽選:約357万枚
  • 第2次抽選:約100万枚
  • 抽選結果発表2019年12月18日
  • 当選チケットの購入手続2019年12月18日~2020年1月10日午後11時59分

※第1次抽選で当選した人も応募可能です。

※第2次抽選販売にも、ルールや細かな注意点があるので、よく確認しよう。

※第2次抽選では、当選枚数は最大で18枚までとなる。

第1次希望と第2希望それぞれ18枚ずつ申し込めるが、当選するのは18枚

【注意】12月24日~1月6日の午後11時59分までは休止期間のため、購入手続は不可となる。

狙い目は?第1次抽選結果を分析傾向は?

第1次抽選で当選できなかった人は、前回の申し込み状況を踏まえて今回の抽選に臨みたいところ。

組織委員会は、公式サイトで「第1次抽選販売の申込傾向」を公表している。

それによると、以下の4つの傾向が分かった。

ポイント1:過去大会で日本人がメダルを獲得している競技や、人気の高い競技を中心に、決勝セッションの申込は多かった。

第1次販売で最も人気が集中したのは開会式と閉会式だった。

東京大会から正式に採用された新競技の空手やサーフィン、自転車競技のBMX(フリースタイル)やスケートボードも人気が高く、倍率が高かった。

そして、各種目の決勝などは、当然のことながら特に倍率が高くなります!

予選会を観るか? 決勝を観るか? どっちが楽しめるか?

ポイント2:席は中間層を狙うべし

第1次抽選の傾向として、最上位席(A席)と最下位席に比較的申込が多かった。

席は中間層を狙うべし!

席には、様々な席種があり、A席・B席・C席・D席などと割り当てられ、それぞれの席で価格も異なります。

例)水泳(競泳)決勝チケット価格の場合

  • A席:10万8000円
  • B席:7万2000円
  • C席:3万6500円
  • D席:1万1800円

第1次抽選では、価格が最も高いA席と最も安いD席に申し込みが集中しています。

中間層の席(B・C)は、申し込みが比較的少ない傾向にある。

申し込みする側の心理が働くのか?「中間層の申し込みが多いと思うから、高いか安いかのどちらかが当選確率が高いのでは?」という気持ちで申し込みした方も多かったのでは?

ポイント3:平日昼を狙うべし

金曜日夜や土曜日開催のセッションは申込みが多かった。

一部の競技を除いて平日昼間のセッションは比較的申込が少なかった。

やはり、休み前は時間を気にしなくて観戦できるという事や宿泊などを考えての申し込みが土日・祝日前の観戦申し込みが集中する傾向にあります。

おそらく、2次抽選でも同様の傾向が予想されるのではないでしょうか。

ポイント4:競技の申し込み傾向を知るべし

席数が多い会場での競技や予選のセッション数が多い競技は比較的、申込が分散する傾向があった。

例:射撃の場合

  • 会場の客席数:約3000人。(通常)
  • 試合数も少なく倍率が高くなった

まとめ

第1次抽選で当選した人、落選した人、1次抽選での傾向を参考にしながら、2次抽選に申し込んでみましょう!

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました