夏の疲れが残っている!「秋バテ」の症状は?予防と対策はあるのか!?

雑学・アプリ

夏バテはよくききますが、秋バテは知っていますか!?秋バテは夏が終わったあとに、不調を感じやすいようです。秋バテの症状と夏バテの違いや秋バテを防ぐ方法について紹介します。

スポンサーリンク

「秋バテ」身体の状態・症状は?

「秋バテ」身体の状態は?

真夏の生活習慣で自律神経などが乱れると、食欲がなくなり体がだるいなどの症状が秋バテになります。

自律神経が乱れる原因は、暑い時期に冷たいものをたくさん飲む、冷たい部屋に当たると、内臓や体が冷えるので女性は、特に注意が必要なんです。

夏バテの症状や原因は変わりませんが、「秋バテ」は、夏が終わりかけの秋口に症状が起きると継続します。

真夏日はエアコンが効いているため、外出が多い高齢者は、外気との急な温度差で、自律神経が崩れて体調を崩す人も多いようです。

夏バテは暑さが和らぐと体調も自然と回復しますが、エアコンの効いた部屋で過ごす、冷たい食べ物や飲み物ばかりを、とり続けている生活をしていると、体調が回復しません。

高齢者は、基礎体力と免疫力が低下しているので注意が必要。

「秋バテ」身体の症状は?

  • 体がだるくて疲れやすい。
  • 朝スッキリ起きられない。
  • 昼間眠くて仕事に集中できない。
  • 食欲がない。
  • 胸やけ、胃もたれがある。
  • 肩こりや頭が痛い。
  • めまい、立ちくらみがある。
  • やる気が出ない。
  • 顔色がくすんできた。
  • 舌に白いコケがつく。

などの症状があるときは、かかりつけの病院に行くことをおすすめです。

「秋バテ」と「夏バテ」の違いは?

夏バテは、8月の暑い時期に体力や食欲が低下したら、体調が悪くなります。

涼しくなる10月下旬頃くらいから、体がだるい、食欲がないといった夏バテに似た症状を秋バテと呼びます。

夏バテと秋バテは似ていますが体調が、悪いときは無理をしないでゆっくり体を休ませましょう。

「秋バテ」を予防するためにできる対策は?

規則正しい食事をとりましょう!

食欲がなくなるとご飯を食べないのは体によくないので、1日3食決まった時間に食べましょう。

胃腸を刺激する冷たい食べ物と食べるときは、飲み物のお茶は温かくしてバランスを考えながらご飯を食べることが大切です。

室温調節はこまめに

秋になってもエアコンをつける日があると思いますが、エアコンの設定温度である27~28℃に設定しましょう。体に直接クーラーの風があたらないように、エアコンの下に座らないように対策をしましょう。

入浴で身体をリフレッシュしましょう!

入浴すると、身体の血行を改善して、冷房で固まった筋肉を和らげる効果があります。

身体の内に溜まった老廃物を出す動きが高まります。

入浴は、身体を温めるだけでなく、身体を清潔にして気分をリラックスさせてくれる効果があります。

寒い時期はヒートショックや脱水症状には気をつけましょう。

有酸素運動に努めよう!

暑い時期が続くと外に出なくなり、普段歩くことが少なくなると、汗をかくことが少なくなります。

朝早く起きて、日が沈んだ夕方くらいになどを利用して、ウォーキングなどの有酸素運動をするといいですよ。

私がおすすめしたい有酸素運動・・・ 

 

1日、たった5分だけの運動で身体もリフレッシュ!!



運動不足・筋力の低下に踏台昇降ボックス「フミッパー」

「フミッパー」は、口コミでの評価も高いです。
楽天みんなのレビューでは、総合評価が星4.38と高評価されています。

睡眠不足は避けましょう!

体調を整えるために睡眠をとることも大切です。

暑さで眠れないときはクーラーを使って、暑さを和らげましょう。

直接風が体に当たると体温が奪われるので、首振り機能を使いましょう。

まとめ

「秋バテ」は「夏バテ」と症状が似ていますが、症状がずっと続くときは病院に行って診察を受けることをおすすめします。

「夏バテ」や「秋バテ」から身体を守るためにも、食事や睡眠しっかりとって、規則正しい生活をしましょう。

朝早く起きて、夜早く寝るように心がけると規則正しい生活が送れるようになりますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました