中村匠吾・服部勇馬のマラソン男子・知っトク情報!「東京2020・マラソン男子」

マラソン 東京オリンピック2020
こんにちは!「毎日がEnjoy-Life」です。この記事を読んでいただき、ありがとうございます。東京オリンピックまで1年を切り、各競技の日本代表も、続々と決まり始めましたね!日本代表応援をテーマとして、「男子マラソン」をMGCの東京五輪代表選考レースで決定した中村匠吾選手・服部勇馬選手をご紹介したいと思います!
スポンサーリンク

東京五輪2020マラソン代表選考レース「MGC」ってなに!?


MGCは、2019年春までに行われた国内マラソンレースで、日本陸上競技連盟が設定したタイム、順位をクリアした選手にだけ出場権が与えられる。

そのほか、国際陸上競技連盟が世界記録を公認するマラソン大会で設定タイムをクリアした選手に対して、「ワイルドカード」として出場権が与えられるものです。

その集大成というべきか、東京五輪2020(東京オリンピック)のマラソン日本代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が、9月15日(日)に開催されました。

注目選手は、男子では日本記録保持者の大迫傑、前日本記録保持者の設楽悠太、女子では安藤友香、福士加代子らが出場し代表を争いました。

その結果、男女ともに上位2人が東京オリンピック代表選手に内定しました。

男子では中村匠吾・服部勇馬が決定。

残り1名の内定選手は、2019年秋から2020年春にかけて行われる「MGCファイナルチャレンジ」の結果で決定される。

東京オリンピック「男子マラソン」内定選手の顔ぶれは?

中村匠吾選手は厚底シューズNIKEでMGC優勝!!

中村匠吾選手のプロフィール

  • 名前:中村匠吾(なかむら しょうご)
  • 生年月日:1992年9月16日
  • 出身地:三重県四日市市
  • 最終学歴:上野工業高等学校(現:伊賀白鳳高等学校)、駒澤大学
  • 身長:172cm
  • 体重:55kg
  • 所属:富士通

過去の実績は?

  • 2018年 第73回びわ湖毎日マラソン 7位
  • 2018年 ベルリンマラソン 4位(日本人1位)

中村匠吾選手は、小学5年生の時に、仲の良かった友だちが入っていた地元のクラブチームで始め、小学校の時は100mや走幅跳びもやりましたが、中学校から本格的に長距離に取り組み始めた。

中村匠吾選手の愛用シューズは、「NIKE(ナイキ)」!

ご自身のTwitterでも、#NIKEタグが目立っていますので、間違いないです。

この日MGC五輪代表選考レースも、厚底シューズ「ヴェイパーフライNEXT%」をはいて試合に臨んだ。この商品は15日から発売されたばかり。

【ナイキ】 NIKE ズームXヴェイパーフライNEXT% AO4568-300 ランニングシューズ メンズ

価格:29,700円
(2019/9/15 20:38時点)
感想(0件)

中村匠吾選手の強さの原点は、2018年の初フルマラソン「ベルリンマラソン」で日本人1位だったというところにあります。

中村匠吾選手が、よく行っていたスポーツショップ「辻井スポーツ鈴鹿店」も祝福のツイート。

服部勇馬選手から弟へエール送る「次はあなたの番です」!!

服部勇馬選手のプロフィール

  • 名前:服部勇馬(はっとり ゆうま)
  • 生年月日:1993年11月13日
  • 出身地:新潟県十日町市
  • 最終学歴:仙台育英高等学校、東洋大学経済学部
  • 身長:176cm
  • 体重:61kg
  • 所属:トヨタ自動車

過去の実績は?

  • 2016年 東京マラソン 12位(日本人4位)
  • 2017年 東京マラソン 13位(日本人4位)
  • 2018年 プラハマラソン 5位
  • 2018年 福岡マラソン 優勝

服部勇馬選手は、小学校の時は、サッカーに夢中だったのですが、中学にサッカー部がなかった理由で、陸上部に入部します。1歳下の弟の服部弾馬(はずま)さんと競っていました。

大学では、箱根駅伝となる第92回箱根駅伝では3年連続となるエース区間2区を担当。

日本人選手としては早稲田大学OBの渡辺康幸以来20年ぶりとなる箱根駅伝2区2年連続区間賞獲得という偉業を成し遂げた。

1位の中村匠吾選手同様、服部勇馬選手もNIKEシューズ愛用し、今回の代表選考レースMGCで厚底シューズ「ヴェイパーフライNEXT%」をはいて試合に臨んだ。この商品は15日から発売されたばかり。

【ナイキ】 NIKE ズームXヴェイパーフライNEXT% AO4568-300 ランニングシューズ メンズ

価格:29,700円
(2019/9/15 20:46時点)
感想(0件)

ちなみに、弟の服部弾馬さんもトーエネックに在籍し陸上選手でもある。

弟さんの服部弾馬さんは、兄と同じ東洋大学に進学して、 1500mと5000mの東洋大記録保持者。

現在は、トラック競技で東京五輪出場を目指している。

レース前に「五輪を決めてこい」というLINEがあったという。

「次はあなたの番です、と弾馬に言いたい。僕、あのドラマ大好きなので」と日テレで放送中の人気ドラマのタイトルを挙げて、笑顔でエールを送った。

まとめ

2019年9月15日のMGC(マラソングランドチャンピョンシップ)東京オリンピック代表選考レースで、中村匠吾選手・服部勇馬選手が決定ししました。

残り1名の内定選手は、2019年秋から2020年春にかけて行われる「MGCファイナルチャレンジ」の結果で決定されます。

今回の選考レース3位に入った、男子の大迫傑選手が有力候補になるのか?

しかし、トップを走っていた設楽悠太選手も作戦変更して、再チャレンジで獲得する可能性もあり。

みんなで応援しましょう。ガンバレ!!日本!!

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました