「アナと雪の女王2」あらすじ・観た感想は?評判いいの?

芸能・エンタメ・映画
アナと雪の女王が興行収入第三位に!?アナと雪の女王は、前回の物語の続きで今回はエルサの魔法の力についての物語です。前回より映画をみてる人が多く、3日で興行収入が3位になるのはすごいことです。アナと雪の女王の物語やアナと雪の女王が愛される理由について紹介します。
スポンサーリンク

「アナと雪の女王2」歴代興行収入第三位になった!?

22日から上映された2014年に『アナ雪』旋風を巻き起こしたディズニー映画の続編『アナと雪の女王2』が、公開から3日間で、興行収入19億4,205万円、観客動員145万人という大ヒットしています。

日本での歴代興行収入第3位にあたる255億円という空前のヒットを飛ばした、前作の初日からの3日間と比較して「2倍以上」とディズニーは発表した。

「アナと雪の女王2」の作品について知りたい!

(出典:PRTIMES)

「アナと雪の女王2」作品

  • タイトル:「アナと雪の女王2」
  • 原題:Frozen2
  • 製作年:2019年
  • 上映日:2019年11月22日(金) ※日米同時上映
  • 上映時間:103分
  • ジャンル:アニメ、アドベンチャー
  • 監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
  • 脚本:不明
  • 製作:ピーター・デル・ベッチョ
  • 製作総指揮:不明
  • キャスト:(アナ)クリステン・ベル、(エルサ)イディナ・メンゼル、(クリストフ)ジョナサン・グロフ、(オラフ)ジョシュ・ギャッド
  • 日本語吹替:(エルサ)松たか子、(アナ)神田沙也加
  • 製作国:アメリカ配給ディズニー

「アナと雪の女王2」MV動画

「アナと雪の女王2」日本語吹替続投・松たか子さんと神田沙也加さんは?

続投が決定した松たか子さんのコメントは、

「エルサがその力を与えられた秘密が明らかになる『アナと雪の女王2』、再びエルサに出会える喜びと、どんなストーリーが待っているのかというドキドキでいっぱいです。また新しい世界での旅を、是非ご一緒に。」

そして、神田沙也加さんのコメントは、

『アナと雪の女王2』でもアナ役を演じさせていただくことになり、とても光栄に思っております。より大人の女性らしさが増したアナとエルサの姉妹の絆、ドラマティックな歌にもご注目してご覧いただきたいです。前作を、音楽も共にたくさん愛していただけたことが本当に嬉しかったので、続編を待ち望んでくださった皆様に感謝の気持ちを込めて、力を尽くしてまいります。

と、それぞれが最新作への期待と続投についての喜びのコメントを寄せました。

「アナと雪の女王2」どんなあらすじなの?

自分の魔法を使う方法を知ったエルサが、今度はその魔法の原点を知っていく物語のようです。

命がけの妹アナによって、閉ざした心を開き、触れるものすべてを凍らせてしまう力をコントロールできるようになったエルサは、雪と氷に覆われたアレンデール王国に温かな陽光を取り戻しました。

再び城門を閉じることはないと約束して、それから3年後の物語。

深い絆で結ばれたアナとエルサの姉妹は、王国を治めながら、失われた少女時代を取り戻すかのように、気の置けない仲間たちと平穏で幸せな日々を送っていた。

ある日、エルサだけが“不思議な歌声”を聴くようになります。

歌声に導かれ、仲間のクリストフやオラフと共に旅に出たアナとエルサは、エルサの持つ“力”の秘密を解き明かすために数々の試練に立ち向かいます。

なぜ力はエルサだけに与えられ、姉妹の知られざる過去の“謎”とは?

旅の終わりに、待ち受けるすべての答えは出るのか‥。

「アナと雪の女王2」をみた人の感想・評判は!?

ママ

「アナとエルサの服装がよかったです。ドレスもすごくキレイで輝いてました。前作では教えられなかった過去の出来事が詳しくわかりました」

「ふたりの核心に迫った物語だった。ある人物が物語にとても大きな影響を与えていて驚いた。最後まで観てやっとメインはこの人の物語だったんだってわかって、そこも面白かったです」

「前作は愛がテーマだったけれど今作は今の時代にあったいろいろなテーマが入っていて深みがあった。人によっていろいろな感想が出てくる作品だと思う。子どもたちと観に来たが、感情移入してポロポロ涙が出てしまった」

子供には少し難しい内容ですが、深く感動しました。映像の美しさや迫力があり、いつもは字幕派ですが作品だけは吹き替えにしています。もう一度見に行こうと思います。

 

「アナと雪の女王2」感想ツイートは?

まとめ

アナと雪の女王は前作の続きで、今回はエルサの魔法の力について謎を解決していく物語なので、少し子供には難しいかもしれません。

キレイな映像や歌はあるので、親子で楽しめる映画です。

まだ見に行っていない人は、子供やカップル、友人と映画館に行ってみては!?

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました