ソアリンに乗ってきた感想!待ち時間は?酔う?

スポーツ・遊ぶ
こんにちは!毎日がEnjyo-Lifeです。この記事を読んでいただき、ありがとうございます。7月23日のオープン当日、待ち時間は5時間以上だったという、話題の東京ディズニー・シーの新アトラクション「ソアリン」とは一体どんな内容なのか?とても気になっちゃいます!!夏休みなのもあり、とても混んでいると思いますが、「夏休み中に乗ってみたい」そんな子供の願いを叶える為に、家族で体験しに行ってきました。そこで今回は「ソアリン」に乗ってみた感想をご紹介したいと思います!私は、ちょっと恐怖症なので、ドキドキ感でした・・・
スポンサーリンク

ソアリン?どんなアトラクション?

新アトラクション「ソアリン」ってどういうものかを、簡単にご紹介します。

グリズリー・ピーク ・ エアフィールドにあります「ソアリン・オーバー・カリフォルニア」として、2001年のディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーの開園と同時にオープンしたのが、始まりと云われています。

ちなみに「ソアリン」とは”舞い上がる”という意味。

「ソアリン」は、世界各地のいろんな場所をハンググライダー飛行していく体験アトラクション。

「ソアリン」が動きだした時に、まるで初めて飛行機に乗った時のあのふわり”という感覚を感じて、感動しましたので、名前の由来とても納得しました。

まさに、”舞い上がる”。

さらに、納得です!!

ソアリン・ファンタスティック・フライト体験した感想は?

前回にファストパスを取得した事を記事に紹介しましたが、いよいよ「ソアリン」の指定時間が!!

ファストパス専用入口で、人数分のスマホでファストパスのQRコードをかざすと、青いランプが点灯し、無事にゲート通過。

ちょっと、ホッとしました。

スタンバイで並ぶ人を横目に、一気に待合室まで通されます。

ファストパスのQRコードが、もう1度必要なアトラクションもあったので(センター・オブ・ジ・アース)一応スマホを片手に持っていたら、係員さんに「撮影禁止だから、スマホは閉まって下さい」と注意されちゃいました。

「いや…違うんですけど」と言い訳する間もなく、スマホをバックにしまい、待合室に入っていきましたが、もうちょっとゆっくりしたかったな…と物足りない位にファストパスの案内は早いです。

待合室ですら感動…でも予想外のトラブル!?

待合室では、「ソアリン」を作ったとされる「カメリア・ファルコ」という女性と彼女が愛した「アレッタ」というハヤブサの映像が出迎えてくれます。


この映像がまた凄いんです…アレッタが飛び立つんです!

記事では、伝わらないと思います。

ぜひ、この記事を読んでいただいているアナタも感動しちゃいますよ。

必見です!!

”パチパチパチパチ”と、周囲から自然と大きな拍手が巻き起こるほど!!

期待は否が応でも高まり…

そして…

いよいよ別室に案内されます…

が、ここでトラブルが起こってしまうのです。

何があったのか!?

最後尾に並んでいた私達グループを含めた、10名程の前で係員が静止をしたのです。

その理由とは!?

なんと”定員オーバー”だとかで「次の回にご案内します」と無愛想に言われてしまいました。

お客様は、間違いないんです!

待合室に案内する人数をスタッフが間違えてしまったようです。

スタッフも連日の大入り満員に疲れがピークに達しているのかもしれません。

そして、幸か不幸か先程の映像をもう1回観る事になりました。

1回目程の感動はありませんでしたが、今回も拍手が起こっています。

毎回自然と拍手が起こるとは…

恐るべしソアリン待合室での体験

ソアリン・空を飛ぶ世界の旅へ

初めて見るソアリンの第一印象は「大きなブランコ」といった所です。

遊園地にある、空中高く飛んで、グルグルと回るブランコみたいだと思いました。

そして、乗り込み、シートベルトをして、いよいよフライト開始です。

まさに、飛ぶ瞬間のふわりと浮く感覚に「ウオッ!」という思わず声が出てしまいました。

本当に飛んでいるみたいです!

そのまま世界の絶景をブランコに乗ったまま、巡っている感覚に。

映像が素晴らしい…本当に世界を旅している感覚を味わえますよ。

アフリカのサバンナでは草原の香りが漂い、万里の長城では長い階段をまばらに歩く人の姿がリアルで、臨場感に溢れています。

このブランコでこのままずっと、旅を続けたい・・・

そんな様々な体感や感動をしつつ、「ソアリン」は日本に帰ってきてしまいました。

上空から見る夜の東京は本当にキレイでウットリ。

そんな、花火の上がっているディズニーシーへ到着!

まさにファンタスティック!!

感動の一時を味わう事が出来ました。

まとめ

東京ディズニーシーに7月23日にオープンした「ソアリン・ファンタスティック・フライト」の初日の待ち時間は5時間以上と言われています。

ファストパスも入園後数分で終了してしまうので、スタンバイで何時間も並ぶか、または開園の大分前から並んで、ファストパスを取得する必要があります。

「ソアリン」にたどり着くまでには、かなりの根気が必要ですが、ソアリンに乗ってみた感想から言いますと、苦労のし甲斐はあります!

素晴らしいアトラクション「ソアリン・ファンタスティック・フライト」にぜひ乗ってみてください。

今回は「ソアリン」の感想をご紹介しました。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました