父子帰省に反対ですか?賛成ですか?あなたはどっち?ツイートまとめ

父子帰省 社会・生活
こんにちは!「毎日がEnjoy-Life」です。この記事を読んでいただき、ありがとうございます。今年のUターンラッシュが台風接近という影響も出て、早めのUターンとなっているようです。そんな中、今年の夏の帰省は、「父子だけで帰省しました」というケースもあったようです。SNSでも父子帰省というワードで、話題になっています。そこで、父子帰省ツイートをまとめてみました。次の帰省の選択肢の一つに。
スポンサーリンク

父子帰省に反対ですか?賛成ですか?

今年の帰省シーズンがちょっと変わった?

昔の帰省の風景を、イメージしてみてください。

よくテレビ中継などで見られたのは、小さい子どもさんを連れて、お父さんとお母さんの家族連れの帰省やUターンが目立っていましたよね。

一家そろって、故郷でおじいちゃん・おばあちゃん、そして都会で暮らす姉妹兄弟が揃って過ごす人も多かったのではないでしょうか。

でも、最近の帰省の様子は、父親と子どもだけで父親の実家に帰る「父子帰省」が、じわりと注目を集めています。

夫の実家と言えば「妻の憂鬱(ゆううつ)」が話題になりがちです。

親戚の家に数日も泊まらなきゃなら帰省やめればよかった〜〜〜、田舎特有の閉鎖的思考がほんっと苦手で、今から憂鬱だ、せっかくのお休みが、、、かなしい

父子だけで、帰省したお父さんは、こんな意見も。

自分の実家へ妻を連れて帰省すると、両親も妻も気を使う。誰にも気を使わせない父子帰省はよかったです。

父子帰省に、SNSでも話題に!!

まとめ

いかがですか?あなたは、父子帰省について、どう感じたでしょうか?

今の家庭というのは、昔と異なるのが実情ですね。

昔の家庭は、お父さんが外で働いて、お母さんは家庭を守るという環境で、家にいるケースが多かったと思います。

でも、今はどうでしょうか?

夫も妻も、共働きが中心です。休みを取る期間も異なります。

妻も、休みの時に、せっかくの休みだから、家でゆっくりしたい。

夫も、共働きの妻を帰省先の実家で手伝わせるという憂鬱な気持ちも、どこか感じているのではないでしょうか?

身体を休めるための帰省ではないという事が、妻の憂鬱になるという。

父子帰省の妻へ

ゆっくり休んで、リフレッシュできましたか?

それとも、違う気持ちになっていますか?違和感を感じていますか?

さて、次の帰省はどうされますか?

 

タイトルとURLをコピーしました