「行きたくない街ランキング」って一体なんなの!理由は?

社会・生活
こんにちは!「毎日がEnjoy-Life」です。この記事を読んでいただき、ありがとうございます。愛知県出身の俳優・佐藤二朗さんが、名古屋をイメージアップさせるため、俳優仲間である東京出身のイケメン俳優の斎藤工さんを担ぎ出し、「行きたくない街No.1名古屋」のドラマを製作した事が、今とても話題に。「行きたくない街ランキング」なんなのでしょうか?誰が投票しているの?投票方法?気になりますよね。今回はそんな「行きたくない街ランキング」についてご紹介します!
スポンサーリンク

行きたくない街ランキングの概要

この気になる「行きたくない街ランキング」の概要についてですが、調べてみました。

調査の概要

目的

名古屋市の魅力向上・発信に関する施策の進捗状況及び効果についての評価を行うとともに、「名古屋魅力向上・発信戦略」の施策の進捗状況の整理のために調査を実施しています。

調査対象

札幌市、東京23 区、横浜市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、福岡市に在住する20~64 歳で、かつ、各都市の在住年数が5 年以上の男女が対象です。方法は、ネットリサーチ会社のネットリサーチシステムを利用し、各都市418 サンプルしたものです。

調査期間

平成30 年7 月11 日~7 月16 日

※参照元:都市ブランドイメージ調査結果

 

「行きたくない街ランキング」というネーミングはとても失礼だと思いましたが、名古屋市が自ら、魅力向上の為に行っていたのですね!

 

調査対象は、主要な大都市8都市のみで、調査対象都市に5年以上在住する、幅広い世代の成年男女という事で、偏った意見ではなさそうです。

 

詳しく調査結果を掘り起こしちゃいましょう!!

実際にどんな調査内容だったのかをご説明します!

訪問意向の質問で「最も魅力的な都市」と「最も魅力に欠ける都市」という項目があり、「最も魅力的な都市」項目では、名古屋市は8都市中、最下位で、「最も魅力に欠ける都市」項目では1位と、2つの項目から「行きたくない街No.1」を実証してしまう結果となってしまいました。

 

名古屋の魅力で高かった項目とは?

不名誉な結果となってしまいましたが、名古屋市の魅力で一番多かったイメージとは一体なんなのでしょうか?

 

「行きたくない街No.1名古屋」のドラマでは魅力と思われている部分を積極的にアピールして来る事が予想されますよね。

 

名古屋市の魅力度の第1位は…食べ物がおいしい(49.2%)でした!

 

名古屋市の「モーニング」に代表する喫茶店文化は、全国的に有名ですが、佐藤二朗さんと、斎藤工さんの「モーニング」の美味しいお店の食べ歩き企画なんてありそうです。

 

寝起きの斎藤工さんもセクシーなのでしょうか…とても気になります(笑)ぜひ「モーニング」を爽やかに紹介して欲しいです。

 

名古屋市と聞いて連想するコンテンツとは?

 

では次は名古屋市と聞いて思い浮かべるコンテンツの調査結果です。

 

1位は「名古屋城」でした。

 

 

全体(8都市)では33.1%で、名古屋市民では23.9%なので、名古屋市民以外の方の方が名古屋と言ったら、「名古屋城」を連想する様ですね。

 

特に面白いと思ったのは、「大須商店街」が全体では4.4%と低かったのに対して、名古屋市民では16.5%と、4倍近く高かったので、全国的な知名度は無いけれど、台風の目となりそうな予感がします!

 

「行きたくない街No.1名古屋」のドラマにて、必ず取り上げられるのではないでしょうか。

 

大須商店街が気になるのでチェック!!

 

気になる大須商店街について、「行きたくない街No.1名古屋」のドラマに先駆けて(?)ご紹介しちゃいます。

 

大須商店街とは、話題のグルメやスイーツが集まる名古屋のトレンド発信地の大須にあり、観光客も多く訪れ、活気にあふれ、食べ歩きにぴったりなグルメが満載の注目スポットです♪

 

大須ならではの多国籍グルメや、ロールアイスやチーズティーなどSNSで話題のスイーツもあります。

ブラジルの焼き餃子や台湾の小籠包が人気のお店もあり、世界の珍しいグルメを、食べ歩きで堪能する事が出来るのが、嬉しいです。

 

個人的には有名な台湾の夜市みたいな感じだと思いました。ぜひ訪れてみたいです。

 

大須商店街を佐藤二朗さんと斎藤工さんに紹介して欲しいスポットです。

 

まとめ

今回は「行きたくない街ランキング」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

「行きたくない街ランキング」とは名古屋市が実施した「都市・ブランド調査」で全国の主要8都市に在住の幅広い世代の男女を対象に行った調査です。

名古屋市以外の方の名古屋市のイメージで高かったのは「名古屋城」で、名古屋市民に高く、名古屋市以外の方が低かったのは「大須商店街」でした。大須商店街を歩く佐藤二朗さんと斎藤工さんを、ぜひ見たいです。

「行きたくない街No.1名古屋」のドラマが今からとても楽しみです。

 


【関連記事】

 

タイトルとURLをコピーしました