「東京2020・カヤックフォア500m」日本選手の顔ぶれは?知っトク情報!

カヤックフォア 東京オリンピック2020
こんにちは!「毎日がEnjoy-Life」です。この記事を読んでいただき、ありがとうございます。57年ぶりに日本で開催される、東京オリンピックまでいよいよ1年を切りましたね!今からワクワクしている方も多いと思います。オリンピックのあの感動を間近で見られる機会は、そうそうありませんから、全ての競技を見逃したくないですよね!そこで東京オリンピック「カヤックフォア500m」の日本代表選手(松下 桃太郎・藤嶋 大規・水本 圭治・宮田 悠佑)のご紹介をしていきたいと思います!
スポンサーリンク

東京2020・カヤックフォア500mとは?

「カヤックフォア」ってどんな競技なのか?

スプリントカヤックは、ダブルブレードパドルで漕ぐカヤックを使い、流れのない河川・池・湖に直線コースを設置し、9艇が一斉にスタートしてタイムを競う種目です。

クルー(乗組員)の数によりシングル(1人)/ペア(2人)/フォア(4人)の区別があり、カヤック(Kayak)のKと合わせてK1/K2/K4と表すこともあります。

また、距離により200m/500m/1,000mの区別があります。

「カヤックフォア500m」は、クルー4人で、距離500mを漕いで、タイムを競う競技になります。

 

では、「カヤックフォア500m」内定選手4人をご紹介しますね。

立派な経歴から意外な裏話まで…「カヤックフォア500m東京」のメンバーのファンになる事で、東京オリンピックが更に楽しめるかもしれませんよ。

東京オリンピック「カヤックフォア500m」内定選手の顔ぶれは?

松下桃太郎選手はドリンクオタク!?

松下桃太郎選手のプロフィール

  • 生年月日:1988年3月3日
  • 年齢:31才
  • 身長・体重:168cm/83kg
  • 出身地:石川県
  • 最終学歴:石川県小松商業高等学校
  • 所属:自衛隊体育学校 3等陸曹

父親の影響を受けて、小学3年生のときからカヌーを始め、世界ジュニア選手権大会等で大活躍している選手です。

過去の実績は、

  • 2012年 ロンドンオリンピック10位
  • 2014年 仁川アジア大会1位
  • 2016年 ワールドカップ9位
  • 2016年 日本選手権1位

地域のスポ少では「カヌー」はなかなか見つかりませんから、カヌーの経験者が周囲にいないと、なかなか取り組むのが難しいスポーツなのではないかと思います。

でも、松下桃太郎選手は父親がやっていた事もあり、小さいころからの父の存在を目標にして、活躍されていた父の背中を見続けていたからこそ、今があるんだと感じました。

そういう幼い頃からカヌーに取り組める恵まれた環境もあり、そしてジュニアの頃から世界で活躍をされていた結果、オリンピックの出場経験もある、日本の「カヌー第一人者」です。

鋼の様な筋肉美はドリンクから作られた!?

168cmと小柄ながら、見事な松下さんの筋肉美には秘訣があるんです。

それは、ホエイプロテイン、マックスロードBCAA、プロスペッククレアチンパウダー、CCDドリンクなんです。

これって何だと思いますか?

実は、愛用しているGlicoの「パワープロダクション」です。

松下桃太郎選手は、常に練習後にホエイプロテイン、試合にはプロスペッククレアチン、練習中にはCCDドリンク、それぞれ摂取しているとの事なんです。

松下桃太郎選手によると、ホエイプロテインは配合も良く水に溶けやすく飲みやすいです。CCDドリンクは水分補給と共にエネルギー摂取もできるのでハードな練習の時に役立っています。

引用元:Glicoの「パワープロダクション」

松下桃太郎選手の名前の由来は実は!?

松下さんのファーストネームの「桃太郎」というお名前ですが、ありそうで、意外に少ないですよね。

そこでどんな由来があるのか調べてみました。

誕生日したのが、3月3日だったので、「桃の節句」にちなんで「桃太郎」名づけられたそうです。

まさに日本一の「桃太郎」から世界へ羽ばたく素敵なお名前ですよね!

藤嶋大規選手は町役場の元イケメン職員だった!

藤島大規(ふじしまひろき)選手のプロフィール

  • 生年月日:1988年5月23日
  • 年齢:31才
  • 身長・体重:178cm/82㎏
  • 出身地:山梨県
  • 最終学歴:立命館大学
  • 所属:自衛隊
  • 前所属:河口湖町役場

過去の実績は、

  • 2012年ロンドンオリンピックに男子カヤックとして28年ぶりに出場し10位。
  • 仁川アジア大会ではダブルで優勝。
  • 国際大会以外にも日本選手権や国民体育大会で優勝経験あり。

藤島大規選手は2014年の仁川アジア大会に「河口湖町役場」の職員として出場し、優勝しています。

こんなにイケメンな上に、アジア大会でも優勝されているのですから、河口湖町民のアイドルだったかもしれませんね。

藤島大規選手の愛飲ドリンクは?

藤島大規選手の愛飲ドリンクは、MAXLOADホエイプロテイン(ストロベリー) エキストラ・アミノ・アシッド CCDドリンクです。

藤島大規選手によると、毎日の練習前にエキストラ・アミノ・アシッド、練習後プロテインをゴールデンタイムと言われている30分以内にすぐ摂取、練習中にCCDドリンクを愛飲。

プロテインとエキストラ・アミノ・アシッドを飲み始めてからは、毎練習を100%できている事、練習中に飲むCCDドリンクも味が濃くなく体に染み込むのが実感できますとコメントしています。

やはりカヌー選手の筋肉美にはドリンクが大きく関係しているようです。

個人的には(ストロベリー)と表記されている部分が気になりました。

イチゴ味が好きなのかなあ…なんて(笑)そうだとしたら可愛らしいですよね。

引用元:Glicoの「パワープロダクション」

オリンピック選手になる事は姓名判断で予言されていた!?

藤島大規選手を調べていたら、姓名判断による占い結果が、オリンピック出場を予言していたかの様に当たっていたのでご紹介させていただきます。

生真面目で気弱で消極的なところがありますが凶数でありません。

むしろ吉数となる要素は高いでしょう。

争いを好まず、人のために尽くします。

しかし慎重で保身にも長けているため、悩み迷うことがあっても大きな失敗を冒すことはないでしょう。

神経の細やかさが長所でもあり短所でもあるため、無理は禁物です。

積極性と決断力を身に付けるように努力し、本来の勤勉さと努力の積み重ねにより平凡でも人並みの一生を送れます。

まれに趣味がプロ級の域に達して大成する場合もあります

趣味がプロ級の域に達して大成する事もあるとの事、不思議な運命を感じました。

水本圭治選手は初出場!4度目のオリンピックで夢を叶えた!

水本圭治選手のプロフィール

  • 生年月日:1988年4月7日
  • 年齢:31才
  • 身長・体重:176cm/83kg
  • 出身地:岩手県
  • 最終学歴:大正大学
  • 所属:株式会社チョープロ

過去の実績は、

  • 2006年 高校総体1位(不来方高校)
  • 2010年 広州アジア大会1位

高校から、カヤック強豪校の地元岩手県の不来方高校で競技を初めて、3年生の時に高校総体で優勝しています。

競技開始年齢は遅いですが、才能に溢れた水本選手は、夢だったオリンピック出場を果たしました。

しかも舞台は「東京」まさにジャパンドリームですね!

宮田悠佑選手の原動力はジャンクフード!?

宮田悠佑選手のプロフィール

  • 生年月日:1991年5月21日
  • 年齢:28才
  • 血液型:O型
  • 出身地:福島県
  • 最終学歴:鹿屋体育大学
  • 所属:和歌山教育センター学びの丘
  • 好きな食べ物:ハンバーガー・コーラ
  • 好きな芸能人:松岡修造

最年少で平成生まれの宮田選手の好きな食べ物は「ハンバーガーとコーラ」

現代っ子らしいというか、トランプ大統領と好物が一緒なのですね(笑)

大物だと思われますので、東京オリンピックでは「キーマン」になるかもしれません!

好きな芸能人に「松岡修造」さんを挙げている点からも熱さを感じますよね。

まとめ

2020年の東京オリンピックの「カヤックフォア500m」の代表として、松下桃太郎さん、藤島大規さん、水本圭治さん、宮田悠佑さんの4人が選ばれました。

カヤックの第一人者の松下さんはドリンクで培われた立派な筋肉美を持ち、「桃太郎」の名前の由来は、桃の節句に生誕した事にちなんでつけられました。

藤島さんは元河口湖町役場のイケメン職員として勤務していましたが、現在は自衛隊に所属しています。ドリンクはイチゴ味がお好き!?な様です。

宮田さんは最年少で好きな食べ物は「ハンバーガーとコーラ」という唯一の平成生まれです。

松下さん、藤島さん、水本さんはソウルオリンピックが開催された1988年に産まれている事から、オリンピックの不思議な縁を感じますよね。

とても素敵な「カヤックフォア500m」日本代表チームの東京オリンピックでの活躍が今からとても楽しみです!

みんなで応援しましょう。

タイトルとURLをコピーしました