「東京2020・セーリング470級」日本選手の顔ぶれは?知っトク情報!

セーリング470級 東京オリンピック2020
こんにちは!「毎日がEnjoy-Life」です。この記事を読んでいただき、ありがとうございます。東京オリンピックまで1年を切り、各競技の日本代表も、続々と決まり始めましたね!日本代表応援をテーマとして、今回は「セーリング470級」の(男子)岡田 奎樹選手・外薗 潤平選手、(女子)吉田 愛選手・吉岡 美帆選手をご紹介したいと思います!
スポンサーリンク

東京2020・セーリング470級!神風を起こせ日の丸セーラーズ!

東京オリンピックのセーリング種目で、470級(2人乗り)の男女日本代表が決定しました!

通称日の丸セーラーズと呼ばれる日本セーリングチームの中で、トップバッターとして、代表資格を得た、470級とはどんな種目なんでしょうか?

セーリング競技についてや、日本代表の4人の丸秘裏話まで…今回はご紹介していきたいと思います。

セーリングが更に好きになるかもしれませんよ。

 

セーリング470級ってどんな競技なの?

470級とは

全長470cmの「ディンギー」という2人乗りの小型のヨットを操ることから「470級」(ヨンナナマル級)と呼ばれるセーリング競技です。

 

メインセールと舵取りを担当する「スキッパー」と、船の傾き調整とジブセールの操作を担当する「クルー」の2人で、目標ブイを定められた順番に定められた回数まわり、ゴールして順位が決まります。

 

2人の体力のみならず、息の合ったクルーワーク、テクニック、そして風、波、潮を読む頭脳プレーがものをいう競技です。

 

スキッパーの体重は60kg前後、クルーは65~75kg、合計130kg前後が最適といわれており、数あるヨット競技の中でも欧米人に比べ小柄な日本人の体格に最も適した種目といわれています。

 

1996年アトランタオリンピックで女子が銀メダル、2004年アテネでは男子が銅メダル、日本がオリンピックでメダルを取った唯一のクラスとして、国際的な大舞台での日本人の活躍が最も期待されるセーリング競技といえます。

 

最適な体重が決められているという事で、体重管理が難しそうですね。特にスキッパーは60㎏前後との事で、成人男性としては、軽量ですから、小柄な日本人に適したスポーツなのですね。

 

今までのオリンピックでも日本選手がメダルを獲得している種目ですので、東京オリンピックでも期待が集まりそうです。

 

「セーリング470級・男子」内定選手は?「オカホカ」ペア!

日本セーリング界の貴公子・岡田奎樹選手

岡田奎樹選手のプロフィール

  • 名前:岡田 奎樹(おかだ けいじゅ)
  • 生年月日:1995年12月2日
  • 出身地:福岡県
  • 最終学歴:早稲田大学スポーツ科学部
  • 所属:トヨタ自動車
  • ポジション:スキッパー

 

過去の実績は、

  • 全日本OP級選手権大会優勝(小学校3年時)
  • 国体・インターハイ優勝(高校生)
  • 2016年 470級ジュニア世界選手権優勝

 

素晴らしい経歴ですね!

 

父の影響で5歳から競技を始め、14歳でアジア大会に出場するなど早くから実力を発揮した。

 

小学生の頃から、トップクラスで活躍されている、日本セーリング界の期待の星です。

 

外見はナイナイのやべっちに似ていて、笑顔がとても爽やかですよね。

 

東京オリンピックでブレイクしそうな予感がします。

 

岡田奎樹選手の彼女は榮倉奈々似!?

爽やかイケメンの岡田奎樹選手なので、彼女は当然いらっしゃるとは思っていましたが、6年付き合っている彼女がいらっしゃるそうです。

 

そして女優の榮倉奈々さんに似ているそうです!

 

可愛らしい彼女なのでしょうね。

 

岡田奎樹選手は車の運転が好きだそうなので、休日はドライブデートをされているのかもしれません。

 

もちろん愛車のトヨタ車!

 

地元の日本開催のオリンピックで、彼女の声援も受けながら大活躍が期待されますね!

 

また、高校は佐賀県の唐津西高出身でもあり、世界大会で活躍が期待される選手として、佐賀県が強化費を支援する「さがんアスリート」にも認定されている岡田奎樹選手なんです。

 

5歳年上のクルー・苦労人!外薗潤平選手

外薗潤平選手のプロフィール

  • 名前:外薗潤平(ほかぞの じゅんぺい)
  • 生年月日:1991年3月20日
  • 出身地:鹿児島県
  • 身長:174cm
  • 体重:73kg
  • 最終学歴:日本経済大学
  • 所属:JR九州
  • ポジション:クルー

 

過去の実績は、

  • 2017年 全日本470級選手権優勝
  • ワールドカップ5位

 

外薗潤平選手がヨットと出会ったのは、中学で「好きな女の子がいたから」という甘い恋心をいただいて、陸上部へ入部したものの、長続きしなかったようです。

 

そこで、高校入学のときに、心機一転「違う競技を」と思っていたところ、ヨット部があることを知り、入部を決意。

 

外薗さんは2017年に岡田さんとペアを組んでから、全日本470㎏で優勝しています。

 

日本一のペアに期待です!クルーとして、最適な体重をされているのもプロ意識を感じますね。

 

外園さんの気になる彼女は?

残念ながら、今の所外園さんの彼女の有無などの情報は見つかりませんでした。

 

今はオリンピックに集中されたいのかもしれないですし、情報が無いだけかもしれません。

 

こんなに素敵な男性を周りは放っておかないでしょう。

 

「セーリング470級・女子」内定選手は?「ヨシヨシ」ペア!

日本女子セーリング界の第一人者・吉田愛さん

ママさんアスリート吉田愛選手のプロフィール

  • 名前:吉田 愛(よしだ あい)
  • 生年月日:1980年11月5日
  • 出身地:東京都八王子市
  • 最終学歴:日本大学
  • 所属:ベネッセ
  • ポジション:スキッパー

 

過去の実績は、

  • 全日本学生女子選手権(女子インカレ)3連覇
  • 2006年 世界選手権準優勝
  • 2007年 全日本470級ヨット選手権大会で史上初の女子組による優勝

 

小学校1年生の時に、両親に連れられて子ども用のヨット級の1日体験に行ったのが出会いです。

 

それからずっと続けて、大会には小学校2年生から出ていたそうです。

 

引退された鎌田奈緒子さんとのペアは「コンカマ」の愛称で親しまれ、世界ランキング1位に輝いた事もあります。

 

吉田愛選手の気になる恋愛は?結婚は?子供は?

吉田愛選手は、以前は鎌田奈緒子さんとペアを組んで「コンカマ」という愛称で呼ばれていた通り、旧姓は近藤愛さんでした。

 

2012年に吉田雄悟さんと結婚されています。

 

ご主人は1983年11月11日生まれで、吉田さんより3才年下ですね。

 

ご主人の吉田雄悟さんも、2010年のアジア大会 470級でパートナーの原田龍之介選手と金メダルを獲得、2012年夏季オリンピックで日本代表にも選ばれています。

 

 

ご夫婦ともに、アスリートとして活躍!

 

2017年6月には長男琉良(るい)くんをご出産されています。

 

ママさんアスリートです!

 

ご主人とお子さんの為にもがんばって欲しいです。

 

セーリングの申し子!吉岡美帆選手

吉岡美帆選手のプロフィール

  • 名前:吉岡 美帆(よしおか みほ)
  • 生年月日:1990年8月27日
  • 出身地:広島県
  • 最終学歴:立命館大学
  • 身長:177cm
  • 体重:68㎏
  • 所属:ベネッセ
  • ポジション:クルー

 

過去の実績は、

  • 北京オリンピック出場
  • ロンドンオリンピック出場

 

吉岡美帆選手は、中学まではバレーボールをしていたのですが、高校入学して何か新しいことにチャレンジしたいと思って、たまたま高校にヨット部があったので入部。

 

ポジションがクルーとの事で、やはりバレーボール出身の長身で体重も最適に保たれているのですね!

 

そして、吉田愛選手とペアを組むキッカケとなったのが、「試乗会」なんです。

 

車の試乗会のように、「ヨットの試乗会」ってあるんですね。

 

また、私が注目したのは、美帆さんの漢字です。

 

帆という字を使っている事から、セーリングの申し子にピッタリだと思いました。

 

ご両親の思いが込められているのかもしれません。

気になるスタイル抜群の吉岡美帆選手に彼氏はいるの?

その長身からモデルでもおかしくない様なスタイルの吉岡さんですが、以前はバレーボールの選手でした。

 

長身を生かしてバレーボールでも活躍されていたのでしょうね。

 

 

彼氏については調べてみましたが、わかりませんでした。

 

今はオリンピックに集中したいのかもしれません。

 

まとめ

東京オリンピック2020の、セーリング470㎏の日本男子代表は、岡田奎樹さんと、外薗潤平さんです。

日本の第一人者として活躍されるお2人の息はピッタリで、メダルも期待されています。

女子代表は吉田愛さんと吉岡美帆さんで、セーリングチームの中で一番メダルに近いと期待されています。

東京で「神風旋風」を巻き起こして欲しいですよね!

みんなで応援しましょう。

 


【関連記事】

 

タイトルとURLをコピーしました