『ノーサイド・ゲーム』最終回に米津玄師『馬と鹿』イラスト登場!!櫻井翔も!!

ノーサイドゲーム 芸能・エンタメ・映画
こんにちは!「毎日がEnjoy-Life」です。この記事を読んでいただき、ありがとうございます。本日最終回となるTBS番組『ノーサイドゲーム』ですが、この番組の主題歌を歌っている米津玄師の『馬と鹿』ジャケットが番組内で登場することになった!
スポンサーリンク

米津玄師、主題歌『馬と鹿』


ドラマのなかで大泉洋演じる君嶋をはじめアストロズが窮地に陥った際、湧き上がる力を集結して立ち上がるシーンを彩ってきた。

 

「痛みは消えないままでいい」という言葉は、傷つきながらも立ち上がる人間の強さを後押しし、「これが愛じゃなければなんと呼ぶのか 僕は知らなかった」という言葉には、それぞれの立場を全うしようと全力でいきる登場人物を賛美し、日々闘う視聴者の心にも寄り添ってきた。こうして、ドラマと共に歩んできた『馬と鹿』が、最後に主題歌だけでなくジャケットも合わせて”登場”することとなった。

 

『ノーサイド・ゲーム』最終話は、大泉洋演じる君嶋GMは再び襲われたラグビー部廃部の危機において、かつての上司であり全てのきっかけである君嶋異動の黒幕であった脇坂との闘いに挑み、アストロズは悲願のプラチナリーグ優勝を賭けて宿敵サイクロンズとの最終決戦に臨むという、手に汗握る最終話になること必至の放送。

 

大泉洋演じる君嶋、そしてアストロズがどのような結末を迎え、どのような未来が描き出されるのか。

 

主題歌『馬と鹿』がどのように響き、ジャケットがどのように登場するのか楽しみです。

 

櫻井翔が参戦『ノーサイドゲーム』同級生役になる!?

最終回に、嵐の櫻井翔が『ノーサイドゲーム』に出演しました。

 

櫻井翔は、浜畑譲役で『ノーサイド・ゲーム』に出演中のラグビー元日本代表キャプテン・廣瀬俊朗さんと慶應義塾大学の同級生という役柄です。

廣瀬俊朗さんが先日放送された日本テレビ系『しゃべくり007』に『ノーサイド・ゲーム』最終話直前、および「ラグビーワールドカップ2019」開幕直前ということで放送局の垣根を越えて出演した際、櫻井翔は心配だったからと収録に立ち会ったという。

 

櫻井自身も幼稚舎時代にラグビーの経験があり、その時のポジションはスクラムハーフだった。そして今回ドラマで廣瀬との同級生初共演を果たす。

 

櫻井が演じるのはアストロズの練習場に現れた謎の男・赤木。

 

このドラマで初披露する櫻井の髪型にも注目!!

詳しい役どころは9月15日の最終話を見てのお楽しみだが、君嶋が行ってきた様々な改革の一端を担う重要な役どころだ。

 


【関連記事】

タイトルとURLをコピーしました