台風が来る前の準備が大事!!ほとんど実行していないのが現実だ!!

社会・生活
こんにちは!毎日がEnjoy-Lifeです。今年も各地で台風の被害が、多く発生しています。この記事では、過去の台風被害を改めて情報提供し、被害を最小限に抑えるためには、自分自身の心構えであることを理解しておくべきかと思います。ぜひ、読んでいただき台風が来る前の準備が大事であることを見直しましょう!

台風が来る前の準備に過去の台風被害を振り返ることが大切!!

台風が来る前の準備に、「何を気をつけたらいいの?」「どうすればいいの?」「でも、過去に被害がなかったから、大丈夫!」と悩んでいる方には、ぜひ過去の被害情報を振り返ってほしい。

そこで、SNS情報などがより正確ですので、掲載させていただきました!

台風が来る前に何を準備したらいいのか!?

ベランダに出してあるものを片付けよう!

台風が来る前の準備は、まずあなたのベランダを確認しよう!

部屋に置けない不要な物が多くベランダに置いていませんか?

綺麗な花がいっぱいの植木鉢が、たくさん並べて置いていませんか?

洗濯ハンガーや物干し竿など、そのまま置いていませんか?

全て、部屋に移動しましょう!

2,3日だけの我慢ですので、すぐに対処しましょう!

  • 植木類をしまうこと!
  • 物干し竿をしまうこと!
  • その他ベランダに置いてあるものを片付ける!!
  • 室外機も要注意!!

窓ガラスの飛散防止用のテープを貼りましょう!

台風が来る前の準備としては、窓の飛散防止対策です!

猛烈な風により飛んでくる”飛来物”なんです。

風速数十メートル、ニュースなどで伝えている風速よりは、はるか高い風速になります。

それは、ビル風や周辺の建物、普段の風の通り道を感じていればわかるかと思います。

また、固定していなかった門扉や瓦、トタン屋根、植木鉢等々、予想されないものがいっぱい飛んできます。

「何処から、飛んできたの?」という疑問の飛来物!!

 

一軒家の人は門扉にも注意!

強風で煽られて倒れたり、バタバタと開いたり閉じたり大変危険です。

チェーンや強めのヒモなどで強く括って固定しておくと良いでしょう。

また、指詰めしたりして、大怪我につながるケースも予想されますので、注意しましょう。

台風が来る前の準備に買いだめもしておこう!

台風が来る前の準備、もし停電になったらお湯も沸かすことができません。

ガスは、大丈夫でも電気を供給しないといけないスイッチ類が利用できなくなります。

スマホ充電もできません!

最新情報が入ってきません!

真っ暗では、動くこともできません!

予想もつかない事態に備えて、インフラを利用しないでも使える・食べられる物を、台風が来る前の準備として、揃えておきましょう!

備えあれば患いなし!

非常用品をまとめて、すぐ持ち出せる袋などに入れておく。

  • 懐中電灯
  • ローソク
  • マッチ
  • 携帯ラジオ
  • 予備の乾電池
  • 救急薬品
  • 衣料
  • 貴重品
  • 非常用食料
  • 携帯ボンベ式コンロなど

さらに、自分が高齢の場合、いざという時に避難などが出来ないために、近所に助けをお願いしておくことも必要ですね。

逆に、近所のお年寄りや子供の助けを必要があるのかどうかを、お互いに認識しておくことも大切。

また、停電発生後では遅い、携帯電話などの充電は、こまめにしておきましょう!

そして、断水も予想されますので、お風呂に貯水や台所でも飲料用などにも確保しておきましょう。

天気予報や気象庁のサイト等をチェックして台風に備えよう

常に、最新のニュースや会見情報などを確認して、緊急時に備えるようにしましょう!

必要でなくても、テレビやラジオはつけたままにして、情報を聴けるようにしましょう!

まだまだ、台風接近まで時間があると、余裕を持ってはいけません!

できることは、今すぐに対策を取りましょう!

風が強くなってからでは、遅すぎます!

まとめ

備えあれば、憂いなしです!

台風が来なかったから、無駄だったというケースも予想されますが、毎年発生する台風ですので、常に対策をとることが大事です。

いざという時に、すぐに対応できる避難できるように自己防災対策を見直してみましょう!

我が子のために、孫のために、夫のために、妻のために、家族のために生き残る知恵を持とう!

大切な命を!

タイトルとURLをコピーしました