吉野彰氏の出身高校は?妻と家族構成は?経歴も凄いんです!

社会・生活

本日は、素晴らしい速報が入ってきましたね!2019年ノーベル化学賞に吉野彰氏が受賞されました。

おめでとうございます!

吉野彰氏のノーベル化学賞の受賞理由は「リチウムイオン電池の開発」で、コバルト酸リチウムを使い、高性能のリチウムイオン電池を開発した功績が評価されたとのことです!

「リチウムイオン電池」といえば、皆さんご存じというか日々、利用している携帯電話やノートパソコンのバッテリーですね。

わたしたちの生活になくてはならない存在ですよね!

なお、今回のノーベル賞受賞は、日本人27人目!

ノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏がどんな人物なのかを調ぺてみました!

スポンサーリンク

吉野彰氏の高校は?大学は?家族は?

では、吉野彰氏がどんな方なのかを調べてみましたので、ご紹介します。

【吉野彰氏のプロフィール】

  • 名前:吉野彰(よしのあきら)
  • 生年月日:1948年1月30日(71歳)
  • 出身地:大阪府吹田市
  • 小学校:吹田市立千里第二小学校
  • 中学校:吹田市立第一中学校
  • 高校:大阪府立北野高等学校
  • 大学:京都大学工学部
  • 経歴:1972年京大大学院修士課程修了後、旭化成入社。1985年、リチウムイオン電池の開発に成功。2003年同社グループフェロー就任。2005年大阪大から工学博士を取得。同年同社吉野研究室長。
  • 2004年紫綬褒章を受章

 

吉野彰氏は、4人兄弟の次男として誕生した。

小学校時代に、学校の先生の勧めで、英科学者ファラデーの著作「ロウソクの科学」を読み、自然の原理に触れたことが化学へ興味の原点だそうです。

角川文庫『ロウソクの科学』緊急重版2万部決定

『ロウソクの科学』はたった1本のロウソクからその種類、製法、燃焼、生成物質を語ることによって、科学と自然、そして人間との関わりを伝える感動的名著です。時代を超えて、常に理科の先生が子どもたちに読んでもらいたいと考える1冊であり続けています。

吉野彰さんのインタビューが発表されてからは両書籍共に書店注文が相次ぎ、これに対応するため『ロウソクの科学』(角川文庫)70刷目2万部、『ロウソクの科学――世界一の先生が教える超おもしろい理科』(角川つばさ文庫)3刷目1万部の重版を決定し、追加の重版も検討中です。

なお、関連書として児童向けに「まんが人物伝」シリーズの1冊として『ノーベル 賞にたくした平和と未来』も絶賛発売中です。

引用:PR TIMES

ロウソクの科学改版 (角川文庫) [ マイケル・ファラデー ]

価格:572円
(2019/10/10 23:03時点)
感想(3件)

当時、高度経済成長期で新素材を次々に開発する化学工業か脚光を浴びていたため、憧れを抱き、京都大学工学部へ入学。

大学院卒業後は、大手化学企業の旭化成に入社。

入社した理由は、「企業は開発の第一線に立ち、新製品を出すという目標かはっきりしている。大学に残るより面白そう」と惑じたからだそうです。

1985年、「リチウムイオンニ次電池」を発明しました。

「リチウムイオン電池」とは、大型のものだと電気自動車に使われたり、身近なところだと携帯電話やノートパソコンなどに使用されています。

吉野彰氏が発明したリチウムイオン電池のおかげで、私たちは便利で快適な生活を送れているわけです。

ということで、幼いころから科学に興味を持ち、その道をひたすら邁進されてきたようですね!

そして、吉野彰氏のご家族は、奥様の久美子さん(71歳)、子供(男1人・女2人)の5人家族。

ノーベル授賞式には、ご夫妻で出席かと思いますが、どんなお姿で出席されるのかが楽しみですね。

ちなみに、2018年のノーベル医学・生理学賞の本庶佑氏は、袴姿でしたですね。

水島公一氏功労者の一人!?

このリチウムイオン電池の実現に道を開いたのが大手電機メーカー「東芝」のエグゼクティブフェロー、水島公一氏(78歳)。

水島公一氏は、昭和50年代、イギリス・オックスフォード大学の研究員として「コバルト酸リチウム」と呼ばれる化合物が軽量で大容量の充電池に適していることを見つけ出しました。

そして、その研究成果を実際の電池に応用したのが大手化学メーカーで電池の研究を進めていた吉野彰氏です。「コバルト酸リチウム」と炭素などの材料の最適な組み合わせを見つけ出し、今のリチウムイオン電池の原型を作り出しました。

2人の研究成果がリチウムイオン電池の実現につながったとして世界中から注目されています。

皆さんから祝福ツイートまとめ

タイトルとURLをコピーしました