女子中高生が使うJC・JK語大賞・トレンド流行語2019年発表はいつ!?

社会・生活
こんにちは!Enjoy-Lifeです。肌寒い季節が訪れると気になってくるのは、その年の流行語大賞ですよね。その裏で本物のトレンドとも言うべき、女子中高生が使うJC・JK語大賞が発表されている事をご存知ですか?マイナビ主催「2019年ティーンが選ぶトレンドランキング」を発表されましたね。ここでは、女子中高生が使うJK語について、ご紹介したいと思います。
スポンサーリンク

2019年ティーンが選ぶトレンドランキング発表!!

株式会社マイナビが運営する10代女子向け総合メディア『マイナビティーンズ』で、「2019年ティーンが選ぶトレンドランキング」を発表されましたね。

皆さんの予想通りでしたか!?

2019年ティーンが選ぶトレンド『ヒト編』

(出典:PRTIMES

【ヒト篇】
テレビに多く出演しているタレントは勿論、YouTubeやInstagramなどのSNSやネットテレビなどで話題となったヒトがランクイン。

1位:横浜流星(34.5%)
上半期1位に輝いた俳優・横浜流星さんが、年間ランキングでも見事1位に。6月時点で89万人だったInstagramのフォロワーは現在140万人(2019/11/20時点)を超えている。

2位:Official髭男dism(34.3%)
映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌となった「Pretender」が大ヒットし、LINEのプロフィールBGMに設定するティーンが急増。

3位:King & Prince(24.7%)
グループ活動に加えメンバー個々が幅広いジャンルで活躍。コンサートツアーのチケットを取ることも困難といわれ、デビュー2年目にしてティーン女子の間で不動の人気となった。

2019年ティーンが選ぶトレンド『コト編』

(出典:PRTIMES

【コト篇】
上位はSNSで多く拡散されたテレビドラマに関するコトがランクインした。

1位:『あなたの番です』(35.0%)
4月・7月期の2クール連続で放送されたドラマ。7月期放送には“ヒト”ランキングで1位に選ばれた横浜流星さんも出演。

2位:『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(30.6%)
サスペンス学園ドラマ。ティーンに人気の高いキャストが多数出演。菅田将暉さん演じる柊一颯の心に刺さるコトバに感銘を受けたティーンの投稿がSNS上に溢れた。

3位:あなたの番です 考察(23.5%)
1位にランクインしたドラマ『あなたの番です』で、視聴者が自分の考えを“考察”としてSNSに投稿。中には1000RTを超えるほど拡散される投稿も見受けられた。

2019年ティーンが選ぶトレンド『モノ編』

(出典:PRTIMES

【モノ篇】
透明うちわやアクリルスタンドなど、いまやヲタ活が日常化する2019年のティーン事情の特徴を表す結果となった。

1位:マリオカートツアー(25.5%)
今年の9月にリリースされた、無料のスマートフォンゲーム。普段ゲームをしないティーンもインストールするほど話題となった。

2位:ソアリン:ファンタスティック・フライト(24.7%)
今年7月に東京ディズニーシーにオープンしたアトラクション。海外のテーマパークで人気の大型アトラクション「ソアリン」に新たなシーンが追加されたモノ。

3位:透明うちわ(21.4%)
クリアポーチやバッグなどティーンの間で流行ったクリアアイテムが、ついにうちわに。うちわの扇ぐ部分がスケルトンになっており、おしゃれな見た目で写真映えするのも人気の理由。

2019年ティーンが選ぶトレンド『コトバ編』

(出典:PRTIMES

【コトバ篇】
上半期はテレビから発信された流行りのコトバが目立っていたが、年間ではSNSで発信・拡散されたコトバが多くランクインしている。

1位:ぴえん(51.0%)
悲しい時や感極まって泣いてしまいそうな時に使われる(例)◯◯くんがカッコよすぎる。ぴえん(意味:◯◯くんがカッコよすぎて泣けてくる)

2位:湧いた(30.8%)
テンションが上がって興奮している時に使う。(例)○○から連絡が来て、湧いた(意味:○○から連絡が来て、興奮した)

3位:レベチ(24.7%)
“レベルが違う”というコトバが略されて“レベチ”。比べものにならない、格が違う、普通ではないという意味。(例)◯◯の返信の早さはレベチ!(意味:◯◯の返信は他と比べものにならないくらい早い!)

※ トップ10をはじめ、ランキングの詳細はサイトでも公開中

▼マイナビティーンズ:https://teens.mynavi.jp/report/detail/12226

<マイナビティーンズ「2019年ティーンが選ぶトレンドランキング」概要>
調査方法: 『マイナビティーンズ』会員よりフリーアンサーで抽出したワードの中から、JK編集部が4つのジャンルごとに30項目を選抜。その中から『マイナビティーンズ』会員に選択式アンケートを実施
回答数 : 13〜19歳の女性 510名 【複数選択式】
調査期間: 2019年11月5日(火)~11月14日(木)

▼マイナビティーンズとは?
国内最大級の10代女子向け総合メディア。会員数は6万人。原宿の竹下通りのエンターテインメントフードコート『JOL原宿』を活用したプロモーションやイベントを開催しています。なお、「ティーンが選ぶトレンドランキング」は2015年から行い、今年で5年目となります。
サイトURL : https://teens.mynavi.jp

女子中高生が使うJK語で2018年を振り返る!!

(画像:無料写真素材 写真AC)

JC・JK流行語大賞は、株式会社AMF・代表取締役椎木里佳氏が運営する「世界に日本のJKのかわいい文化」を発信する約100名の女子中高生マーケティングチームが、

  • 「ヒト部門」
  • 「モノ部門」
  • 「アプリ部門」
  • 「コトバ部門」の4部門から選出しています。

また、マイナビティーンズでも

  • 「ヒト部門」
  • 「モノ部門」
  • 「コト部門」
  • 「コトバ部門」の4部門から選出しています。

若い世代が作りだす文化はとても新鮮で興味深いですよね。

そこで、この記事は女子中高生の間で流行った令和初の2019年JK流行語大賞の予想を、2018年のJK流行語のランキングも参考にしながら予想してみたいと思います!

皆さんは、2019年流行語・女子中高生のJC語・JK語どう予想されますか?

2018年流行語女子中高生のJC・JK語ランキングは?

まずは、2018年度JC・JK流行語大賞の上半期と総合ランキングをおさらいしてみました。

女子中高生だけのJC・JK流行語大賞2018年上半期まとめ

【ヒト部門】

  • 1位 今田美桜(女優)
  • 2位 BTS(防弾少年団)(アーティスト)
  • 3位 King&Prince(アーティスト)
  • 4位 BLACKPINK(アーティスト)
  • 5位 けみお(タレント・YouTuber)

【モノ部門】

  • 1位 チーズドッグ
  • 2位 Gong cha(ゴンチャ)
  • 3位 ストロベリーベリーマッチフラペチーノ(スターバックス コーヒー ジャパン)
  • 4位 オオカミくんには騙されない(AbemaTV)
  • 5位 ウエストポーチ

【アプリ部門】

  • 1位 荒野行動
  • 2位 Tik Tok
  • 3位 Peing -質問箱-
  • 4位 Netflix
  • 5位 IGTV

【コトバ部門】

  • 1位 あげみざわ
  • 2位 あざまる水産
  • 3位 ないたー
  • 4位 クセがスゴい
  • 5位 いい波のってんね

(引用:PR TIMES)

女子中高生だけのJC・JK流行語大賞2018年

【ヒト部門】

  • 1位 あいみょん(アーティスト)
  • 2位 中村倫也(俳優)
  • 3位 今田美桜(女優)
  • 4位 Mrs.GREEN APPLE(アーティスト)
  • 5位 けみお(タレント・YouTuber)

【モノ部門】

  • 1位 タピオカ
  • 2位 PINKPINKMONSTER
  • 3位 チーズドッグ
  • 4位 PLODUCE48
  • 5位 今日、好きになりました

【アプリ部門】

  • 1位 TikTok
  • 2位 たまごっち(LINE)
  • 3位 Zenly
  • 4位 ZEPETO
  • 5位 ラクマ

【コトバ部門】

  • 1位 タピる
  • 2位 あげみざわ
  • 3位 どこまで行っても渋谷は日本の東京
  • 4位 TikToker
  • 5位 インスタ萎え

(引用:PR TIMES)

上半期と総合で順位がガラっと変わっている所が興味深いですが、ヒト部門で今田美桜さんはどちらにもランクインしていて、2019年も大活躍でしたよね。

この事からも翌年の流行を先取りしている流行語がJK流行語であるといえそうです!

2019年令和初の女子中高生だけの裏流行語予想

(画像:無料写真素材 写真AC)

では今年のJK語の流行語大賞のランキングはどうなるのでしょうか?

まずは2019年上半期のランキングを各部門3位までご紹介します。

女子中高生だけのJC・JK流行語大賞2019年上半期

【ヒト部門】

  • 1位 横浜流星(俳優)
  • 2位 IZ*ONE(アーティスト)
  • 3位 戦慄かなの(アイドル)
  • 4位 井手上漠(タレント)
  • 5位 Offical髭男dism(アーティスト)

【モノ部門】

  • 1位 ハンディファン
  • 2位 3年A組-今から皆さんは、人質です-
  • 3位 #アオハル
  • 4位 じゃがアリゴ
  • 5位 トーンアップ日焼け止め

【アプリ部門】

  • 1位 SODA
  • 2位 Ulike
  • 3位 Snapchat(赤ちゃんフィルター)
  • 4位 AmebaTV
  • 5位 V live

【コトバ部門】

  • 1位 ASMR
  • 2位 KP
  • 3位 #instalove
  • 4位 (〇〇)
  • 5位 リアコ

2019年上半期【ヒト部門】で1位に輝いたのは、俳優の「横浜流星」さんがブレイクしたポイントは、“美しすぎる枠”です。そして、ドラマ「あなたの番です」でもTwitterトレンドを独占していました。

4位の「井手上漠」さんは、可愛すぎるジュノンボーイとSNSから火が付き、女子中高生から支持されランクインしています。

2019年上半期【モノ部門】では、今年の夏は猛暑続きで、扇風機を手持ちサイズに小型化した「ハンディファン」が電車を待つ人や交差点で信号待ちをする女性にもこの「ハンディファン」が必需品になり、1位を獲得しました。

2位の「3年A組-今から皆さんは、人質です-」は、2019年1月のドラマで、主演の菅田将暉さんの迫真の演技が毎回Twitterトレンドにランクインした結果も反映されていますね。

2019年上半期【コトバ部門】では、第1位の「ASMR」は、咀嚼音や耳かきの音などを録音した音フェチ動画で、雨音や話し声など勉強の時や寝る時に良いと話題になり、好きな芸能人のASMRを聞いたり、ASMRをテーマにしたコスメなども販売され注目を集めました。

そして、3位の「#instalove」は、Instagramで#instaloveを付けると虹色に色が変化するハッシュタグです。

 

まとめ

マイナビティーンズ主催2019年11月25日、令和初「2019年ティーンが選ぶトレンドランキング」を発表されました。

株式会社AMF・代表取締役椎木里佳氏が運営する「世界に日本のJKのかわいい文化」のJC・JK流行語大賞が今後、発表されると思われますので、こちらも楽しみです。

2020年、何が流行るのでしょうか?来年の参考にもしていきたいですね。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました